トップバナーイメージ
選・先・迅・果
2016.08.15

不確実な時代、不透明な時代、激変の予兆の時代。
近未来さえも読みにくい時代です。マイナス金利でも、円高に戻ることを嫌い、海外での拠点政策を変えない企業が殆どというのが現状です。こんな時代の中、私たちのお客様には、『選・先・迅・果』が大切、と伝えております。
選・・・取捨選択(人・者・物件を洗いなおす)
先・・・先手必勝(思いやりを持って、先んじて手を打つ)
迅・・・納期厳守(納期は自分で決めて、速やかに行動する)
果・・・是々非々(原理原則をもって、結果を出す)
つまり、土地にせよ、パートナー選びにせよ、取捨選択する目を持ち、先手を打って迅速に行動し、原理原則を遵守して大胆にして細心に判断し、そして結果を出すことが必要です、と伝えております。
従来の方針・方策を一度疑ってみることも必要だと思うのです。