トップバナーイメージ
第7回株主総会が終了いたしました
2019.08.29

第7期は、平成30年7月1日から令和元年6月30日までの12ヶ月間です。おかげをもちまして黒字決算の成績を残すことができました。創業第1期決算から、第7期まで黒字決算を継続する事が出来ました。

顧問料として4,170千円、各種コンサルフィーとして76,171千円を計上致しまして、年間合計粗利益155,390千円を計上することができ、営業利益22,996千円、経常利益23,094千円、当期純利益16,625千円を計上することができました。おかげさまで、昨年の総会において皆さまに御約束いたしました、第7期の目標、粗利益150,000千円、営業利益10,000千円、経常利益10,000千円を全て達成することができました。まことに、ありがとうございました。

また、この1年間で、お客様向けセミナーを10回開催致しました。創業以来6年6ヶ月で行ったセミナー・勉強会等の回数は、累計116回になりました。

そして、幻冬舎より、常務の成島が単行本『相続財産は“不平等”に分けなさい』を昨年12月に発刊致しました。この本は、アマゾンの相続税・贈与税部門で販売部数ナンバーワンとなり、紀伊国屋書店、三省堂書店でのビジネス書部門でも販売部数ナンバーワンとなり大きな反響を呼び、お問い合わせを全国より頂きました。地域密着を主な営業エリアとしているため、1都3県の問い合わせにしかご対応できませんが、当社の役割、存在意義を主要な機関やお客様に広くお知らせが出来たと思います。

既に第8期に入っておりますが、今期以降も、皆様からの期待の大きさと、責任を痛感し、これから進むべき将来の夢の実現を、株主様と共有できる会社創りを引き続き目指していきたいと、常に創業時の思いを忘れず、精進を重ね、邁進していく所存です。