トップバナーイメージ
日々雑感
  • ●2019.06.04
    題名:専業主婦の年収の算定。。。

    ある資料が私の目に入りました。ご紹介いたします。
    それは、『専業主婦の年収算定』でした。

    一日に働く時間を8時間とした場合、
    炊事:3時間、 清掃:2時間、 買い物:1時間、 子育て:8時間(他作業と同時に行う)、 家計管理:1時間と想定しておりました。
    これに基づいて算定すると、日給は下記のようになるのだそうです。

    【炊事(朝、昼、夜合わせて3時間)】
    一般的な炊事を給食のおばさんと考えると
    給食のおばさんの時給が1,050 ~ 1,200円と求人にありますので
    中央値をとり 1100円×3時間=3300円

    【掃除】
    掃除は一般の清掃バイトの時給で換算してみます。
    清掃業の求人を調べてみたところ1000円~1200円が相場のようです。(都内に限る)
    一日における清掃時間を約2時間としたところ
    1100円×2時間=2200円

    【買い物】
    買い物は宅配業務と考えて算出してみます。宅配業務といえば
    ピザハットやお弁当宅配など色々なものがありますがそこからとった時給が900円~1000円となっています。
    1000円×1時間=1000円

    【家計管理】
    家計管理は経理業務ということなので一般的な経理業務の時給が1000円~1200円です。
    1100円×1時間=1100円

    【子育て】
    子育てはベビーシッターの仕事と考え換算してみます。
    ベビーシッターの日給は1万円が相場のようです。
    そのため日給1万円で算出します。

    上記より算出した合計日給は、
    3300円+2200+1000円+1100円+10000円=17600円となりました。
    月給換算すると
    子育ては週末は旦那様と一緒にすると考えると半額となり、その他の業務は平日で終わらせるということにすれば
    平日:17600円×20日=352000円
    土日:5000円(子育てのみ)×8日=40000円
    月給は392000円となりました。
    それプラス残業代や雑務なども含めれば約40万円~45万円ぐらいが専業主婦の月給となるのではないでしょうか。

    この金額は、大企業の30代のサラリーマンクラスに当たります。ましてや、中小企業に至っては、役職クラスとなるのかもしれません。

    時代が大きく変化し、生活様式も大きく変わっています。
    炊事は、簡単調理家電が豊富に出回っています。電子レンジや炊飯器等たくさんのレシピまで紹介されています。そして、買い物は、コープデリで電話やメールで、お掃除はルンバ君、ルンバ君が足元に来た時に足を上げるだけ・・・・洗濯も全自動で、最近では、たたんでくれるのも自動になり、しかも人別に種分けもしてくれるのだそうです。ますます、身体を動かすことはあまりなくなっていることは明らかです。
    この算定の専業主婦の年収は正しいのでしょうか。疑問に思うのは私だけなのでしょうか。

    専業主婦からのバッシングを覚悟しなければならないかもしれませんね・・・・・

    カテゴリー:日々雑感

  • ●2019.02.28
    題名:催花雨(さいかう)

    昨日桜の開花、満開についてブログに綴りました。今日は、雨が降っております。冷たい雨です。風が強くないので寒さはそう感じません。
    この雨は、特別な名前がついているのだそうです。
    その名は『催花雨』。この言葉の意味は、『春、早く咲けと花をせきたてるように降る雨』ということです。英語で表すと「Early spring rain」、これでは、催花雨が持つ特有の情緒が伝わってこないと思うのです。英語には「催花雨」を示す単語はありません。Rain waiting for the cherry blossoms to bloom.(桜の開花を待つ雨)となるのでしょうか。これでも全然「催花雨」の情緒は表れていないと思うのです。
    日本語って本当に情緒豊かな言葉なんだなぁ、と改めて心に沁みました。

    カテゴリー:日々雑感

  • ●2019.02.27
    題名:今年のお花見

    この時期になると私の関心事は、桜に注がれます。毎年桜(ソメイヨシノ)の満開・・・絶好のお花見はいつなのか、ということです。桜の開花については、ある法則があることは、何回かご紹介させて戴きましたが、もう一度説明いたします。1月1日からの毎日の平均気温を累計して600℃に達したとき、または、2月1日からの毎日の最高気温を累計して600℃に達したときに桜は開花するという法則があるのだそうです。
    弊社の屋形船お花見企画も今年で5回目を迎えます。過去4回において開花日は、この600℃の法則のおかげで当てております。そして、満開はおおよそ1週間後くらいが一番の見ごろになるのが通常なのです。しかし、最初の2回までは、素晴らしいお花見ができたのですが、直近の2回は大きくはずしてしまいました。2017年は、開花の後、寒い日が続き、しかも大雪に見舞われる事態となりました。そのため屋形船を予約した日は、二~三分咲き程度でさみしいお花見だったのです。そこで、2018年は、花冷えを考慮して開花予想から10日後に設定をしたのです。ところが、開花も二日ほど早まり、花冷えもなく、設定した日には全くの葉桜見物となってしまいました。
    過去7年の統計を収集して、今年の開花と花見日和を設定するのは、2月20日までには決めないと予約が取れません。この段階での予想は、大変難しく、頭を悩ませます。それでも予約をしないといけません。
    今年の開花は3月20日、一番の見ごろ日は3月29日と決めました。
    さあ、今年はどうなりますでしょうか?

    カテゴリー:日々雑感

  • ●2019.02.04
    題名:今日は立春

    立春というと旧暦1月1日と勘違いしている方も多いかもしれません。
    立春とは、冬至と春分の中間の日であり、また、冬と春の分かれる節分の翌日です。そして、立春は寒さがあけて春に入る日です。つまり、春初日ということです。立春から立夏(2019年は5月6日)までを春というのだそうです。
    この季節になると毎年恒例の私の作業が始まるのです。それは、桜の満開予想です。2月1日から最高気温を毎日加えていき、累計で600℃に達したときに桜が開花するという法則です。さらにその先、桜の満開を当てるのがとても難しいのです。開花したとたん花冷えがあったり、花冷えもなく気温がすごく上昇したりで、満開の時期の予想は、この時期では、とても難しいのです。2年連続で外しているので、今年こそは当てたいと思います。

    カテゴリー:日々雑感

  • ●2019.01.11
    題名:社員研修に行って参りました

    弊社は、例年恒例の社員研修旅行を行っております。

    これは、弊社の決算が6月末であるため、12月に半期が終了し、その振り返りをすることと、

    一年の計を各自発表して貰うためです。

    今年の研修場所は、香川県仲多度郡琴平町、象頭山(ぞうずさん)という山の中腹にある「さぬきこんぴらさん」で有名な金刀比羅宮参りを兼ねました。

    古くから「一生に一度はこんぴら参り」と言われる「こんぴらさん」です。一番高い奥社までは、1368段登らなければなりませんが、私たちは、785段登ったところにある本宮でお参りをして、引き返してきました。785段というのは、786(なやむ/悩む)の一歩手前でお参りをする、という意味があるのだそうです。

    悩む前に手を打つ意味があるのだと腑に落としました。コンサルティング道に通じる考え方であると思います。お客様の悩み、もちろん自分自身の悩みを事前に察知し、解決を図っていく使命を改めて感じさせていただきました。感謝です。

    そして、特筆したいことがもう一つ、それは、高松市内にある栗林公園(りつりんこうえん)です。日本3大公園は、水戸の偕楽園・金沢の兼六園・岡山の後楽園は周知のことと思います。しかし1910年(明治43年)に文部省が発行した『高等小学読本 巻一』の第六課「公園」の末文には、「・・・我ガ国ニテ風致ノ美ヲ以テ世ニ聞エタルハ、水戸ノ偕楽園、金沢ノ兼六園、岡山ノ後楽園ニシテ、之ヲ日本ノ三公園ト称ス。然レドモ高松ノ栗林公園ハ木石ノ雅趣却ツテ批ノ三公園ニ優レリ」と記述され、栗林公園の「木石の庭の美しさは日本三名園より優れている」と記述されています。私事ですが、私の亡き父は造園師でした。石と松を基調とした庭造りを生涯手掛けておりました。そのこともあって、この栗林公園の庭は深く感銘を抱きました。「こんぴらさん」詣でをしていない父に見せてあげたかったと、ふと、望郷の念にも駆られました。本当に素晴らしく、ゆっくり時間をかけて過ごしたい庭園です。機会を作ってもう一度行きたいと思っています。

    さて、研修旅行も終わり今期もあと6か月、勇往邁進して参ります。どうぞご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

    カテゴリー:日々雑感

1 / 1012345...10...最後 »